茨城県のここが知りたい!情報が沢山!

あんこう鍋

茨城県の海岸沿いの地域の伝統料理。
今では知名度が全国区になり、茨城県民以外の多くの人が食べるようになりました。
「西のフグ、東のあんこう」と称されているほどです。
特に北茨城市の平潟、日立市の久慈浜漁港で多く獲れれていますが、日本一の捕獲量は下関です。
30年位前程から冷凍技術の発達や交通機関の発達などにより全国的に食べられるようになりました。

あんこうは昔、安い魚で主に猟師の家などで食べられていた魚です。
今では「あんこう鍋」が有名ですが、地元の猟師料理などではぶ汁、煮合い、
共酢といった料理で食べれれているそうです。
日本では、キアンコウ(ホンアンコウ)とアンコウ(クツアンコウ)が主な食用の種で、
アンコウの旬は肝が肥大化する1月から2月が一番美味しい時期とされています。

あんこうは表面がヌルヌルしているので、あんこうを吊るして体内に水を入れ回転させながら捌く、
「吊るし切り」という解体方法をしている。
白身の部分は脂質が少なくヘルシー。柳肉(身肉、頬肉)の他に、皮、水袋(胃)、キモ(肝臓)、
ヌノ(卵巣)、えら、トモ(ヒレ)の部分(一般に「七つ道具」と呼ばれる)を食べる。

筑波大学

筑波大学の特徴は開学以来、「研究」と「教育」を分離しています。
大きく分けて筑波キャンパス、東京キャンパスの二つがあります。
筑波キャンパスは単一キャンパスの面積としては日本国内の大学で最大です。
筑波キャンパスが中心で、東京キャンパスは社会人大学院などのためとされています。

ノーベル賞受賞者は3名で、故朝永振一郎(東京教育大学)名誉教授,元学長(没1979年)
江崎玲於奈名誉教授(元学長)白川英樹名誉教授 です。

筑波大学オープンコースウェアの名のもと、筑波大学で行われている授業資料をインターネットで公開。
社会全体で知的資産を共有・蓄積しようと行なっているものです。
利用に登録などの必要ありませんが、単位や学位の授与はありません。

終わりに

茨城はオセロ発祥の地です。
茨城県の人は白黒ハッキリした性格の人が多いかも知れませんね。

ビーグレン
特許取得済みのアメリカで話題のアンチエイジング化粧品です。